創業百二十年、絹と生きる。

物語 Story

受け継がれる
絹への想い

「森博多織」は明治29年、那珂郡春吉村(現在の福岡市中央区)にて創業しました。770年以上もの歴史をもつ博多織の技を継承し本物にこだわったモノづくりを今なお守り続けています。
一方、伝統を大切にしつつも絹の新しい可能性を探りながら現代の暮らしに寄り添える商品開発にも取り組んでおります。

森博多織の物語へ

工場見学 Factory

工場見学 Factory

本社工場では、伝統の博多織と博多織の製法技術を生かした絹パイル織の製造工程を見学できるコースと手織りの体験コースご予約を2名様から受付けております。
併設のショップでは、帯や小物雑貨及びパイル製品などの展示販売もいたしておりますので、お気軽にご予約のうえお越しください。

工場見学の申込みへ