会社概要

創業 明治29年12月1日
会社名 森博多織株式会社
設立 昭和34年5月1日
代表者 森 純一
本社 〒811-2109
福岡県糟屋郡宇美町桜原3丁目4-7
Tel:092-932-0577
Fax:092-932-0607
本社営業部 Tel:092-932-2600
Mobile:090-5749-7949
京都営業所 京都市下京区東洞院通五条下る3丁目和泉町538 
正寿庵内
Tel:090-4580-3560
資本金 1000万円
従業員数 30名
事業内容 博多織小物帯の製造及び絹織物製造
取扱品目 博多織帯(伊達締、男締、小袋帯、ゆかた帯、
男帯、八寸帯)
絹パイル織
小物等
製造設備 広幅織機、小幅織機、レピア織機
加盟団体 博多織工業組合

森博多織の歴史

旧社屋
明治29年 (1896年)
初代 森 竹次郎
博多中嶋町岡新地織屋安右門氏より独立、
(現福岡市中央区)にて森竹次郎として創業
昭和5年 長兄が引き継ぐ
昭和15年 二代 森 茂
出征し、昭和20年復員帰還
昭和24年 二代目 森 茂、博多区音羽町にて社名変更、
森博多織として始める
昭和35年 自動織機を3台導入
昭和34年 森博多織株式会社に法人改組
代表取締役社長に就任
昭和36年 博多駅移転土地区画整理の為、福岡市博多区音羽町より、
博多区比恵町18番1号に工場を移転
昭和42年 福岡県糟屋郡宇美町に博多織工場を新設
昭和48年 宝満・三郡山系災害、宇美工場が水害による被害を受ける
博多織工業組合 現理事長 寺嶋 貞夫氏
森博多織より独立
昭和58年 三代 森 純一
代表取締役社長に就任
昭和60年 本社を比恵工場から宇美工場へと移転
平成3年 絹パイル織を福岡県工業試験場と共同開発
平成7年 『’95ユニバーシアード福岡大会』の、
金・銀・銅メダルの首にかけるリボンを博多織にて制作
『第5回アジア太平洋蘭の祭典』で、
リボン賞に使用されるリボンを博多織にて制作
平成8年 カネボウ化粧品にパイル織物を採用される
平成18年 地元の小・中学生による工場見学及び、
職場体験学習の受け入れを開始
平成22年 パイル織製品『博多つや肌』を開発
平成26年 絹のボディタオル『つや肌』を発表、
商標登録・製造特許取得
新社屋
Home → 会社情報 → 会社概要

Page Top

© Mori Hakataori Co.,Ltd. All rights reserved.